科学研究費補助金 新学術領域研究「新海洋像:その機能と持続的利用」

新着情報一覧

シンポジウム・イベント

2017年1月18日
1月24日に明治大学にて国際シンポジウムを開催します。
2016年11月22日
12月10日に東京大学にて国際シンポジウムを開催します。
2015年11月16日
12月3日・4日に東京大学にて国際シンポジウムを開催します。
2015年6月22日
7月1日に東京大学農学部にてシンポジウムを開催します。
2014年9月30日
韓国にて開催予定のCOP12内のサイドイベントを開催します。
2014年8月29日
日本海洋学会秋季大会にてシンポジウムを開催します。
2014年5月27日
6月4日にワークショップ“Toward the Better Collaboration between Scientists and Policy Makers”が開催されます。
2014年3月5日
CJK-IMBERシンポジウムのレポートが掲載されています。
2013年10月31日
2013年5月の国連会議において当プロジェクト八木信行准教授の発言が議事録に掲載されております。
2013年10月31日
"THE CONVERSATION"のウェブ記事に我々のプロジェクトが紹介されました。
2013年9月11日
国際シンポジウム「新しい海洋像:海の機能に関する国際的な評価の現状」が10/1、東大本郷キャンパスにて開催されます。
2013年7月26日
第6回日中韓(CJK)IMBER国際シンポジウムが10/3-4,東大弥生キャンパスにて開催されます。
2013年3月14日
国際水産資源研究所編集「ななつの海から」に本領域の紹介記事が掲載されました。
2013年2月28日
初年度成果報告会のプログラムを公開しました。
2013年2月28日
生物多様性条約北太平洋EBSA地域会合に関する情報が届きました。
2013年1月31日
東京大学本郷キャンパスにて国際シンポジウムが開かれます。
2013年1月22日
上智大学四谷キャンパスにて公開講座が開かれます。
2012年11月6日
「海洋科学との接続性を考慮した海洋ガバナンスの構築」(A04)研究会報告が届きました。
2012年8月24日
領域全体の研究集会が9月3日・4日に東京大学大学院農学生命科学研究科で開かれます。

研究紹介

2017年2月18日
熱帯外洋域における植物プランクトン-海洋細菌-溶存有機物間の相互作用
2016年11月9日
太平洋赤道域から北極海における硝化とその物質循環における影響
2016年10月3日
河川から北極海へと輸送される溶存有機物は北極海の生態系を支えているのか?
2016年5月17日
イルカ・クジラ―海の頂点捕食者から明らかにする生態系の構造と機能
2015年6月15日
魚の乱獲はなぜ防げないのか?
2015年6月9日
新海洋像:その持続的利用を図る国際レジーム
2015年6月8日
外洋性広域回遊生物のサイズ構造における時空間変動の解明
2015年3月17日
北西太平洋における高次捕食者の群集構造に見られる時空間変異
2015年3月10日
プランクトンや海水の化学成分の季節変化の特徴から、北太平洋の地図を描く
2015年3月6日
炭素・窒素循環におけるキープロセス~再生生産と新生産の概念の再構築~
2015年3月5日
新海洋像の科学を利用するために政治・社会に求められるシステムとは
2015年3月4日
外洋域の乱流観測に基づく物質鉛直輸送に関する研究
2015年3月2日
太平洋の表層塩分変動の解明に基づく新たな海洋区系の構築
2015年3月2日
公海における漁業者の協調生成メカニズムの経済分析:生物多様性と漁獲行動の調和
2015年2月9日
新海洋区系における大気海洋間の物質循環の影響解明
2015年2月5日
鯨類からみた海洋区系と機能
2015年2月5日
海氷融解過程を考慮した極域海洋像の構築
2014年3月31日
海洋生態系を支える植物プランクトン生産の制御要因を探る
2014年3月14日
海の恵みに対する人の価値~「それがなくなったら困る」気持ちは「それをまもりたい」気持ちを高めるか?~
2013年12月6日
高次捕食者は海洋区系の物質循環とどのように関係しているのだろうか?
2013年11月14日
分子生物地理からの新海洋区系
2013年10月7日
海洋生元素地理の高精度観測からの新海洋区系
2013年9月4日
海洋の物理構造と生態系

エッセイ

2014年4月8日
津田教授によるエッセイを掲載しました。
2014年2月14日
黒倉教授によるエッセイを掲載しました。

海外派遣報告

2016年10月31日
高木悠花博士による海外派遣報告を掲載しました。
2015年11月17日
中村賢一による海外派遣報告を掲載しました。
2015年11月17日
山口珠葉による海外派遣報告を掲載しました。
2015年9月17日
呂昱姮博士による海外派遣報告を掲載しました。
2015年6月8日
塩崎拓平博士による海外派遣報告を掲載しました。
2014年11月10日
平井惇也博士の海外派遣報告を掲載しました。
2014年4月8日
平池友梨博士による海外派遣報告を掲載しました。

その他の報告

2017年3月23日
安中さやか博士によるサイエンスカフェ報告を掲載しました。
2016年3月8日
過去のニュースレターを公開しました。
2015年9月11日
白鳳丸KH-13-7次航海の報告を掲載しました。
2013年1月21日
白鳳丸KH-12-3次航海の報告が届きました。
2012年10月27日
長崎大学の武田重信教授より海洋肥沃化に関する追加情報です。
2012年10月18日
長崎大学の武田重信教授より海洋肥沃化に関する追加情報です。
2012年10月17日
長崎大学の武田重信教授より海洋肥沃化に関する情報が提供されました。
2012年10月5日
淡青丸KT-12-24次航海の速報が届きました。
2012年10月4日
平成25年度学術研究船白鳳丸航海の公募の受け付けが始まりました。
2012年9月1日
本領域の公募研究(平成25年度-26年度)が募集されます。